理念 血液内科

血液内科の領域は、造血器悪性腫瘍化学療法、造血幹細胞移植療法、免疫抑制療法など、昨今の再生医療・分子標的治療の先駆けとして目覚ましい展開が日々進んでいる。しかしながら、これらの先端的医療を押し進めるには、適切な輸血療法・感染症対策をはじめとする支持療法が実施できることが不可欠であり、かつ幅広い内科的知識さらには全人的包括医療の能力が求められる。血液内科の理念はこのような血液内科専門医の育成にあり、その中で細胞治療をはじめとするトランスレーショナルリサーチの担い手を輩出していきたい。